過払い金を請求する

最近よく聞く過払い金とは

皆さんも過払い金請求という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。それでは、最近よく聞く過払い金とはどのようなものか簡単に説明していきます。 そもそも金融業者からお金を借りる時には、利息制限法により上限金利が定められているのですが、もう一つの法律である出資法でも利率が定められており、利息制限法よりも出資法で定められた金利の方が高くなっていたのです。 ですから、金融業者によっては出資法で定められた上限金利でお金を貸していた経緯があるのです。 そして、出資法と利息制限法の金利差をグレーゾーン金利と呼んでいるのです。また、出資法の上限金利は次第に引き下げられて、2010年には出資法自体が廃止されています。 このグレーゾーン金利で生まれた利息を過払い金と呼び、支払う必要が無かったお金ということになったのです。

支払い済みでもお金を取り戻すことができます

過払い金については、借金を支払い済みでもお金を取り戻すことができます。ただし、そのためには過払い金請求が必要になってきます。 過払い金請求は、お金を借りていた本人が行うこともできるのですが、やはり法律に詳しい専門家に任せた方が確実にお金を取り戻せるのです。 要するに、過払い金請求は弁護士事務所が頼りになります。過払い金請求の場合には、多くの弁護士事務所で相談料無料で受け付けています。ですから、心当たりがある人は、できるだけ早く相談した方が良いのです。なぜならば、過払い金請求には時効があって、時効を過ぎるとお金を取り戻すことができなくなってしまうのです。 場合によっては、数百万円ものお金が戻ってくるのですから、過払い金請求をしない手はありません。