債務整理という方法

借金返済に困っていたら

借金の返済に困っていたら、法律事務所に債務整理の相談をすることです。債務整理とは、法的に借金の問題を解決する方法になります。具体的には3つの方法があり、任意整理、民事再生、自己破産があります。法律事務所に相談して債務整理を行うことができるのですが、個人でも直接裁判所に申し立てることでできる特定調停があります。ただし、個人で行うと書類の作成や出廷もすべて自分で行わなければならなくなりますので時間と手間がかかります。それであれば、弁護士や司法書士のいる法律事務所で相談して行ったほうが、手続きから債権者との交渉もすべて代行して行ってくれますので、あとはおまかせすることができます。借金の減額をすることができます。

債務整理を行う際の注意点

法律事務所に相談して、債務整理を行う場合ですが任意整理や民事再生をすると借金が減額されて今後金利がかかることなく無理のない返済金額で返済をしていくことができますので、負担がだいぶ軽くなります。しかし、メリットだけでなくデメリットもあることをよく理解しなければならないです。債務整理を行うと、必ず信用情報機関にその事実が登録されるのです。いずれの手続きもブラックリストとして情報が登録されてしまいますので、その登録されている期間は5年間です。その間は、新たな借り入れが難しくなります。期間が経過すれば、情報は消えていますので新たにクレジットカードを作成したりカードローンを申込をして審査に通過すれば借入ができるようになります。